数珠

最近人気の多く登場している公園型霊園の魅力とは?

遺骨の管理をお寺に一任

鈴

供養料を支払い預入を開始

永代供養は、お寺の墓所に遺骨を保管してもらえる制度です。日本全国のお寺で永代供養は行われており、京都にもこのような供養の仕方で有名な寺院があります。永代供養は、一家のお墓を引き継ぐ跡取りがいない場合に主に選択される方法です。菩提寺などに預け入れるのが通常のスタイルですが、お参りのしやすさを考えて近くのお寺に永代供養を頼むケースも増えている状況です。遺骨は、永代供養専用のスペースに納骨され、常に寺族による管理が行われます。京都のお寺の場合は、非常に多くの供養スペースがあり、全国から利用を希望する方が訪れます。永代供養を依頼する際には、最初に相応の金額を支払って以後の管理をお任せすることになります。ちなみに、30万円から50万円前後が最近の永代供養料の相場です。お墓参りをする時は、永代供養を依頼しているお寺に出向いて供養塔などに花を手向けます。このような時に、お礼として少額のお布施をする方も居ます。永代供養を依頼すると、ほぼ永久的にお寺に遺骨を管理してもらうことになるため、住職や他の寺族との関係を良くしておく方が概してプラスです。お寺が多い京都は、永代供養が出来る施設も各エリアに点在します。従って、全国の中でも特にこのような供養の仕方を選択しやすい地域です。京都においても、少子化の問題とは無縁ではなく、高齢者が生前にこういった供養をお寺にお願いするシーンも最近は見られるようになっています。